Skype/Teams等BOTの作り方(Azure Bot Service/Microsoft Bot Framework 接続方法)

Skype/Teams等BOTの作り方(Azure Bot Service/Microsoft Bot Framework 接続方法)です。

Botbirdを利用すればプログラム無しでSkypeやSkype for Business, Microsoft Teams等のチャットボットを作成することが出来ます!

ℹ️「Azure Bot Service(Bot Framework)」とは何ですか?
Microsoft社が提供している、チャットボットを開発するための統合サービスです。これを活用することで、BotbirdのボットをSkype, Skype for Business, Microsoft Teams, Telegram, Kik, Twillio(SMS), Email等のメッセージと接続することが可能です。
不明点がある場合は、こちらをご覧下さい。
https://docs.microsoft.com/ja-JP/bot-framework/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/



【事前準備】

■Botbird for Businessにご登録がまだの方は、お申し込み下さい。

■Microsoftの各アカウントを取得して下さい。
チャットボットを作成する際に「Azure Bot Service(Bot Framework)」を利用するため、「Microsoftアカウント」「Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション開設)」が必要となります。

・Microsoftアカウント新規作成ページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/default.aspx
・Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション)作成ページ
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/

詳しい作成方法は、こちらをご覧下さい。
【Microsoftアカウント・Azure新規サブスクリプション作成方法】
https://help.botbird.biz/2018/03/01/msaccount_azure/

※※※ご注意下さい※※※
Microsoft Azureへの登録時にクレジットカード登録が必要となります。
また、登録した際に30日間無料アカウントを試用後「従量課金プラン」へと移行することとなりますが、ボットの制作自体は無料で行うことが出来ます。
ただし、別途リソース料金が発生する場合がありますので、ご利用時にはこちらを充分にご確認の上ご利用下さい。


1)「Microsoft Bot Framework」にサインインして下さい

「https://dev.botframework.com」に移動して下さい。

右上の「Sign in」を押して下さい。

事前準備で登録しておいた「Microsoftアカウント」を入力して下さい。

サインインが出来ましたら「Try Azure Bot Service for Free」を押して下さい。

Try Azure for free」を押して進んで下さい。

Start free」を押して下さい。

すでにあなたはAzureのアカウントを所持していますと案内が表示されますので、「Use an exsting subscription in your account」を押して進んで下さい。

Azureポータル画面が表示されます。
Microsoft Azureについて詳しく知りたい方は「ツアーの開始」を押して説明をご覧下さい。


2)設定を開始します

①Azureポータル ホームから設定を開始します。

https://portal.azure.com/#home

ℹ️Azureポータルについて
チャットボット作成や各種設定確認、変更などは「Azureポータル」を利用して行います。
初回ログイン時にツアーを開始するか表示される場合がありますが、必要に応じて選択して下さい。
※ツアーを開始した場合は、終了後に左側メニュー「ダッシュボード」を押すと、最初の画面(ポータルトップページ)に戻ることが出来ます。

上部メニュー「リソースの作成」を押して下さい。

ページ上部に表示されている検索ボックスに「bot」と入力して下さい。

検索結果から「Azure Bot」を探して下さい。
見つかりましたら「作成>Azure Bot」を押して進んで下さい。

②「Azureボット」を作成します。

Azureボット作成画面が開きますので必要事項を入力して下さい。

*マークがついている箇所は必須入力項目です。
また、価格レベルが「Standard」プランになっていますので、必ず「Free」プランに変更して下さい。

<基本:プロジェクトの詳細>
・ボット ハンドル
ボット ハンドルは、ボットの一意の識別子です。
ボットの作成後、設定ブレードで、別の表示名に変更することが出来ます。

・サブスクリプション
Azure サブスクリプションのすべてのリソースはまとめて課金されます。
初期設定のままご利用出来ますが、入力ボックスを押すとお好みのサブスクリプション名を入力することが出来ます。

・リソースグループ
初期設定は何も用意されていませんので、「新規作成」を押して分かりやすい名称を入力して下さい。
入力後、下部に「新しいリソースグループの場所」を入力する欄が表示されます。

・新しいリソースグループの場所
自分と顧客に適した Azure リージョンを選択します。
すべてのリソースがすべてのリージョンで利用できるわけではありません。
→現在お住まいの地域、ボットをターゲットとするユーザーが居る地域を選択してください。

<基本:価格設定>
・価格レベル
初期設定は「Standard」になっています。
誤課金を防ぐために、必ず「プランの変更」を押して「Free」に変更して下さい。

<入力例>

・Microsoft App ID
Azure ボット リソースを作成するには、「Microsoft アプリID」 が必要です。
アプリの種類は初期設定「ユーザーに割り当てられたマネージド ID」です。
初期設定のままご利用出来ますが、必要に応じて変更して下さい。

・作成の種類
新しいMicrosoft アプリIDの作成」を選択して下さい。

上記を設定後、下部メニュー「次:タグ > 」を押して下さい。

タグの名前と値を入力します。
その後「確認と作成 」を押して下さい。

<入力例>


ℹ️タグについては、こちらをご覧下さい。
論理的な組織化のためにリソース、リソース グループ、サブスクリプションにタグを付ける – Azure Resource Manager | Microsoft Docs

入力した情報を検証する画面に遷移しますので、検証が終了するまでお待ち下さい。
(少し時間が掛かる場合があります。)
ページ上部に検証結果が表示されますので、検証に成功しましたら「作成」を押して下さい。

デプロイ画面に遷移しますので、設定完了までお待ち下さい。
(少し時間が掛かる場合があります。)
デプロイが完了しましたら「リソースに移動」を押して下さい。

③作成したボットの設定を行います。

作成に成功したAzureボット名用の画面が表示されます。

画像の通りに表示されない場合は、一旦ホーム画面に戻って下さい。
※Azure portalホーム画面から移動する場合は、ボット名を押すと移動することが出来ます。

ここで一旦Botbird for Business側に移動します。
Botbird for Businessの「全体設定ボット設定MICROSOFT BOT FRAMEWORK接続設定」画面を開いて下さい。
Messeaging endpointの指定」欄をコピーしましたら、Microsoft Azureに戻って下さい。

Microsoft Azureのボット設定画面に戻りましたら、左側メニュー「構成」を押して開き、空欄になっている「メッセージングエンドポイント」を入力して下さい。

ℹ️メッセージングエンドポイントについて
Botbird for Businessの「ダッシュボード>全体設定>ボット設定( https://botbird.biz/member/bot_setting )」画面に表示される、「MICROSOFT BOT FRAMEWORK接続設定」の「Messaging endpointの指定」に表示された長い文字列(例: https://metabirds.net/api/msbot_callback.php?mid=xxxxx&bid=xxxx&key=xxxxxxxxxxxxx )をコピー&ペーストして入力して下さい。

入力後、一度エンターキーを押して下さい。
その後「適用」が押せるように変化しますので、「適用」を押して下さい。


3)Botbird for Businessの返信ボット設定を行って下さい
https://botbird.biz/member/bot_mention_simple
※動作設定を「動作中」に変更するのを忘れないようにして下さい。

(正しく動作しない場合)
・「アプリID」「パスワード」が間違わずに設定されているかご確認下さい。
・「シンプル返信ボット」の設定画面で、「動作設定」が「動作中」になっているかご確認下さい。
・プレビューチャットが正しく動作するかご確認下さい。