Google Home独自アプリ(アクション)の作り方(Botbird for Businessを利用)

はじめに

Google Home で呼び出すことのできるアプリは、Actions on Googleというプラットフォームを使うことで企業が独自に作成することができます。
この記事では、企業がBotbird for Businessを利用して、簡単に自社製のGoogle Homeアプリ(アクション)を作成する方法を説明します。

必要なもの

Googleアカウント
Botbird for Business アカウント

事前準備

1.Googleアカウントを作る(既にアカウントをお持ちの場合この作業は不要です)

Google アカウントをお持ちでない方は、アカウント作成ページ(https://accounts.google.com/signup)にアクセスしてGoogle アカウントを作成してください。
アカウント作成後はGoogleトップページ(https://www.google.co.jp)右上のログインボタンをクリックしてログインを行って下さい。
既にGoogle アカウントをお持ちでログイン済みの場合、この作業は不要です。

2.Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得

4−1.Botbird for Businessにログイン
4−2.全体設定 → ボット設定
4−3.「GOOGLE HOME接続設定」よりwebhookの箇所にあるurlをコピーします。
スクリーンショット 2018-06-01 12.18.46.png

全体の流れ

1アクションコンソールでの作業
2コマンドラインでの設定と公開作業
3シミュレータでのテスト
4実機でのテスト
5承認申請と公開

1.アクションコンソールでの作業

アクションコンソールとは、Actions on Googleでアシスタント用アプリを作成する際の管理画面です。

・新規プロジェクトの作成

1−1.アクションコンソール(https://console.actions.google.com/)にアクセス
1−2.「Add/import project」 をクリック
1−3.「Project name」に任意のプロジェクト名を入力
ago_create_project
1−4.「Country/region」 を Japan に設定
1−5.「CREATE PROJECT」をクリックして新規プロジェクトを作成。

・プロジェクトIDのメモ

1−6.「プロジェクトID」の部分はアクションコンソールで新規に作成したアプリのプロジェクトページを開き、左上にある歯車マークから「Project Settings」をクリックすることで確認できます。

aog_project_id
以下でこのプロジェクトIDが必要になるのでメモします。

・アプリの呼び出し名を設定する

1−7.アクションコンソールのプロジェクトページを開き、左メニューかあら「Invocation」をクリック

1−8.「Invocation name」の欄に呼び出したいアプリ名を入力します。(例:会話アプリ)この設定により「Ok Google ”アプリ名” についないで」(例:「Ok Google 会話アプリにつないで」)とGoogle Homeに呼びかけることでアプリを起動することが可能となります。

2.コマンドラインでの設定と公開作業

・gactions CLI をダウンロードして初期化する

gactions CLI とはアプリの設定ファイルの更新を行うコマンドラインインターフェースツールです。
2−1.(https://developers.google.com/actions/tools/gactions-cli)ここからお使いの環境に合った gactions をダウンロードします。

2−2.任意の作業用フォルダーを用意して、そこに ダウンロードしたgationsファイルを移動
2−3(a) Macをお使いの場合、ターミナルを起動して
以下のコマンド3つを順番に打ち込みます。

$ cd "作業フォルダー名"
 $ chmod +x gactions
 $ ./gactions init 

を実行すると action.json というファイルが生成されます。
2−3(b) Windowsをお使いの場合、パワーシェルを起動して
以下のコマンド2つを順番に打ち込みます。

 $ cd "作業フォルダー名"
 $ ./gactions init 

を実行すると action.json というファイルが生成されます。
*”作業フォルダー名”の部分にはそのフォルダへのパスが入ります。

・gactions CLI でアプリ設定用のjsonファイルをアップロード

2−4.先程生成された action.json ファイルをエディタ等で開き、その中身を削除して、以下の内容をコピー・アンド・ペーストして下さい。

{
  "locale": "ja",
  "actions": [
    {
      "description": "Default Welcome Intent",
      "name": "MAIN",
      "fulfillment": {
        "conversationName": "botbird-conversation"
      },
      "intent": {
        "name": "actions.intent.MAIN"
      }
    }
  ],
  "conversations": {
    "botbird-conversation": {
      "name": "botbird-conversation",
      "url":  ここにwebhookurlを記述,
      "inDialogIntents": [
        {
          "name": "actions.intent.CANCEL"
        }
      ],
      "fulfillmentApiVersion": 2
    }
  }
}

上記の「ここにwebhookのurlを記述」の部分に
先程の事前準備2(Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得)で取得したurlを当てはめて下さい。

2−5.以下のコマンドを実行してjsonをアップロードしてください。

$ ./gactions update --action_package action.json --project プロジェクトID

*プロジェクトIDの部分に先程メモしたプロジェクトIDを当てはめて下さい

2−6.次に以下のコマンドを実行してアプリをテスト可能な状態にします。

$ ./gactions test --action_package action.json --project プロジェクトID

3.シミュレータでのテスト

アクションコンソールのプロジェクトページの左にある「Simulator」をクリックしてシミュレーション環境を開きます。
aog_simulator.png
画面中央の下部あたりに文字を入力する領域があるので、そこに文字を入力することでアプリの動作を文字入力を通してテストすることが可能です。
(もしシミュレーターが動作しない場合は
「CHANGE VERSION」をクリック
「test draft」を選択
「DONE」をクリック
するとシミュレーターが使えるようになります。また、こちらのページでアクティビティを有効にする必要があります。)

4.実機でのテスト

・Google Homeから独自のアプリを呼び出してみる

上記でアプリを作成したGoogleアカウントと同じアカウントでリンクしているGoogle Homeでも同様にしてアプリを起動することが可能です。
Google Homeに向かって「Ok Google “アプリ名” につないで」(例:Ok Google 会話アプリにつないで)と呼びかければBotbird for Businessで作成したボットと会話可能な独自のアプリが起動します。

5.公開申請と公開

独自アプリを一般公開アプリにするには、公開申請が必要です。
公開申請の大まかな流れは以下のようになります。
5−1.アクションコンソールの左メニューの「Directory information」を選択し、アプリの説明文やアイコン画像等を項目を入力する必要があります。
aog_information
5−2.左メニューの「Location targeting」を選択し、アプリが利用可能な地域を選択します。
5−3.必要項目の入力が完了したら、「Release」からアプリの申請を実行します。
公開申請についての詳細は(https://developers.google.com/actions/console/publishing)こちらを御覧ください。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中