【オプション機能】オペレータ機能の利用

本オペレータ機能はオプション機能です。ご利用希望のお客様はお気軽に弊社サポートまたは貴社担当者までご連絡下さい。


オペレータ機能は、無人対応(チャットボット)から有人対応(オペレータチャット)に処理を移し、必要に応じて無人/有人対応を切り替える機能です。

・オペレータ対応チャットは、Botbird for Businessの管理画面内から行います。
・オペレータ対応中はチャットボットは自動返答を停止し、対応終了後に再開します。
・オペレータ呼び出しをボット会話のどのようなタイミングで開始するかを、シナリオによって任意に変更可能です。
・オペレータがログインしているときにだけ、オペレータを呼び出す選択肢を提示することが可能です。
対応プラットフォーム:WEBチャット・LINE WORKS


1)WEBチャット/LINE WORKSでの設定(管理者)
2)オペレータアカウントの作成(管理者)
3)オペレータ起動シナリオの作成(管理者)
4)ボット会話からオペレータ呼び出しへ(会話ユーザー)
5)オペレータアカウントのログインとオペレータ会話の開始(オペレータ)
6)オペレータ会話の終了(オペレータ)


1)WEBチャット/LINE WORKSでの設定(管理者)

①WEBチャットの場合
オペレータ機能に対応したHTMLタグが必要ですので、別途弊社より発行を受けて下さい。(既存のオペレータ無し用HTMLタグと別ページで共用可能です)

②LINE WORKSの場合
こちらのLINE WORK設定画面ヘルプをご確認のうえ、LINE WORKS Developerページ上で作成するボット作成時の「Callback URL」を、別途弊社にて発行するURLに変更してご利用下さい。
なお、こちらは既存のボットとの併用は出来ません。お試しになる場合は、既存のBot設定の「Callback URL」を一時的に変更してお試し下さい。

2)オペレータアカウントの作成(管理者)

①左メニューから「オペレータ」-「オペレータ管理」を選んで下さい。
スクリーンショット 2019-11-25 19.42.58.png

②オペーレータID、オペレータアカウント名、パスワード、ニックネーム、Eメール等を入力して、「サーバに保存」を押して下さい。
スクリーンショット 2019-11-25 19.43.57.png

3)オペレータ起動シナリオの作成(管理者)

①シンプル返信やシナリオボットにて、ボットが「/manual」と返信する設定を作成して下さい。

②シナリオボットの選択肢では、オペレータがログインしている時だけその選択肢を表示する{operator_login}タグや、オペレータがログインしていない時だけその選択肢を表示する{operator_nologin}タグを利用することも出来ます。スクリーンショット 2019-11-25 19.52.15.png

4)ボット会話からオペレータ呼び出しへ(会話ユーザー)

①会話ユーザーにて上記の会話が呼び出されると、オペレータ呼び出しが開始されます。

②オペレータ呼び出しが行われると、オペレータに通知メールが届きます。

スクリーンショット 2019-11-25 14.43.44.png

5)オペレータアカウントのログインとオペレータ会話の開始(オペレータ)


①上記2)で作成したオペレータ用アカウントにログインしておきます。

オペレータ対応をする際の管理画面は通常のものとログインURLが異なりますのでご注意ください。
https://botbird.biz/member/login_operator
ログインには、「アカウントID」「オペレータID」「オペレータパスワード」の3つの情報を必要とします。

②左側メニュー「オペレータ」内の「オペレータ手動返信」の画面を開きます

スクリーンショット 2019-11-25 19.42.58.png

③対応するIDのリンクを選ぶと、その会話ユーザとチャットできる画面が開きます。そちらでチャット応対を行って下さい。

(Tips:) 対応リストのある画面をクリックしておくと、ユーザーから呼び出しがあった際に音で知らせることができます(Google Chromeでのみ動作します)

スクリーンショット 2019-11-25 19.58.59.png

※その他画面に設置しているプレビュー用のチャットウィンドウと間違えないようにご注意ください。横幅が広いものがオペレータ対応用のチャットウィンドウです。

スクリーンショット 2022-02-28 10.30.16

 

6)ビデオ通話の開始(オペレータ)

①オペレータは、チャット画面のビデオアイコンを利用してビデオ通話を開始することが可能です。

②利用者には、下記のようにビデオ通話画面へのリンクが表示されます。

スクリーンショット 2022-01-28 12.11.23

 

 

 

③ビデオ通話画面は下記のようになります。

 スクリーンショット 2022-02-28 10.30.32

スクリーンショット 2022-02-28 10.30.57

7)オペレータ会話の終了(オペレータ)

①会話を終了する場合は、「/bye」と入力して下さい。
 ユーザーが「Close」ボタンを押した場合も会話が終了します。

②終了後、会話ユーザはもとのボット対応に戻ります。

 

動作環境

オペレータ

  • プラットフォーム
    • Windows
    • macos
  • ブラウザ
    • Chrome 最新安定版
    • Firefox 最新安定版
    • Windows: Microsoft Edge(Chromium版) 最新安定版
      • ※Internet Explorer、Microsoft Edge旧版ではご利用になれません
    • macos: Safari 最新安定版

ユーザー

  • プラットフォーム
    • Windows
    • macos
    • iOS 最新安定版
    • Android 最新安定版
  • ブラウザ
    • PC/Mac
      • Chrome 最新安定版
      • Firefox 最新安定版
      • Windows: Microsoft Edge(Chromium版) 最新安定版
        • ※Internet Explorer、Microsoft Edge旧版ではご利用になれません
      • macos: Safari 最新安定版
    • iOS
      • Safari 最新安定版
    • Android
      • Chrome 最新安定版

プレビュー機能を活用しましょう

 

■プレビュー機能

画面左下に表示される「チャットプレビュー」に文字を入力すると、設定した各ボットが
正しく動作するか確認することが出来ます。

「メッセージ設定」で設定済みの文字を入力して下さい。

設定通りにボットから返信が届けば設定に成功しています。
もし設定通りに動作しない場合は、メッセージ設定を誤っていますので、各設定を見直してから再度ご入力下さい。

 

 

ファーストステップガイド

♦◊♦ファーストステップガイド♦◊♦

「Botbird for Business」を利用してみたいけれど、どうやって設定すれば良いのだろう?」「登録後、どんな感じで利用出来るのかな?」「申し込んだけれど使い方が分からない」などお困りの方や初めて設定を始める方は、ぜひこちらのステップガイドをご覧下さい!

☑Step1. アカウントを作成しましょう

☑Step2. ログインしてみましょう

☑Step3. 簡単な返信設定をしてみましょう

☑Step4. プレビューチェック機能を利用してみましょう

☑Step5. 簡単FAQボットを作成しましょう

☑Step6. チャットと接続しましょう

☑Step7. シナリオボットを作成しましょう

☑Step8. 一方向配信(プッシュ配信)をしてみましょう


Step1. アカウントを作成しましょう

「Botbird for Business」を利用されたい場合はお申し込みが必要となります。こちらの問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

Botbird for Business 問い合わせフォーム
https://botbirdbiz.com/contact/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


 

Step2. ログインしてみましょう

「Botbird for Business」にお申し込み後、ログイン専用ページを開き、取得済みIDとパスワードを入力してログインして下さい。
ログインされますと、現在のボットの状況を確認出来る「ダッシュボード」が表示されます。

※ID・パスワードをお忘れの場合、正しく入力してもログイン出来ない場合は、こちらよりお問い合わせ下さい。

Botbird for Business 問い合わせフォーム
https://botbirdbiz.com/contact/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


   

Step3. 簡単な返信設定をしてみましょう

ボット作成の第一歩として、まずは相手からのメッセージに返信することが出来る「シンプル返信ボット」を作成してみましょう。

メッセージ設定:シンプル返信ボット
https://help.botbird.biz/2017/05/10/simple-answer-bot/

1)相手のメッセージ「こんにちは」に対してボットが「こんにちは」を返すように設定してみましょう

検索ワード返信メッセージに「こんにちは」(カッコは不要)と入力して、サーバーに保存を押してください。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2020-08-07-15.36.52

2)次はデフォルト返信を設定してみましょう

デフォルト返信とは相手から、想定していないメッセージが来た場合でも、ボットが返信を行うようにする設定です。

検索ワードに 「.*」という文字列(ワイルドカード)を設定すると、どんな発言にも応答できるようになります。優先度は「1」など、一番低い値を設定してください。

※設定に慣れてきたら、複数の返信文の中から返信してくれるランダム置換も活用してみましょう。

ファーストステップガイド トップに戻る↑


 

 Step4. 返信プレビューを利用してみましょう

ボットを作成中に「上手く設定出来ているかな?」と不安に思われる方も多いと思います。そんなときはぜひ左下メニュー「返信プレビュー」機能をご利用下さい。

設定済みの言葉をこちらに記入してエンターキーを押すと、ボットがどのように反応するか確認することが出来ます。

スクリーンショット 2020-08-07 15.41.42

もし期待通りに反応しない場合は、検索ワード優先度などの設定をご確認下さい。

※どのように設定しても解決出来ない場合は、こちらよりお問い合わせ下さい。

Botbird for Business 問い合わせフォーム
https://botbirdbiz.com/contact/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


 

Step5. 簡単FAQボットを作成しましょう

次に、質問(Q)と回答(A)を表に記入していくだけで、会話ユーザに対しておすすめの回答を提示してくれる「簡単FAQボット」を作成してみましょう。

メッセージ設定:簡単FAQボット
https://help.botbird.biz/2019/06/13/faqbot/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


Step6. チャットと接続しましょう

「LINE」「LINE WORKS」「Facebookメッセンジャー」「Twitter」等と連携して返信するチャットボットを作成することが可能です。

「Botbird for Business」左側メニュー「全体設定>ボット設定」を開き、下記を参考に連携設定を行って下さい。

LINEとの接続方法(連携設定方法)
https://help.botbird.biz/2017/12/07/line-connect/

LINE WORKSとの接続方法(連携設定方法)
https://help.botbird.biz/2018/09/23/line-works-connect/

Facebook Messengerとの接続方法(連携設定方法)
https://help.botbird.biz/2016/07/07/facebook-messenger-connect/

Twitterとの接続方法(連携設定方法)
https://help.botbird.biz/2017/04/28/twitter-connect/

WEBチャットボックス接続方法
help.botbird.biz/2017/08/09/web-chatbox/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


Step7. シナリオボットを作成しましょう

次に、ボットが設定した選択肢シナリオ通りに会話を進めてくれる「シナリオボット」を作成してみましょう。

メッセージ設定:シナリオボット
https://help.botbird.biz/2016/07/22/scenario-bot/

ファーストステップガイド トップに戻る↑


 

Step8. 一方向配信(プッシュ配信)をしてみましょう

次に、一方的に配信出来る「定期・ランダムボット」を試しに作成してみましょう。
こちらを作成すると、あなたのボットが設定した通りに自動的につぶやくようになります。

【前準備】
Twitterでは連携後すぐにご利用いただけます。
LINE, LINE Works, Facebookメッセンジャーで相手にプッシュ送信するには、事前にその相手に配信許可「Subscribe(購読)」を行ってもらう必要があります。
そのため、前準備として以下のように設定を行って下さい。

■「Subscribe(購読)」設定方法
シンプル返信ボットの「返信メッセージ」に置き換えタグ、反応ワードを記入して下さい。

・Subscribe(購読)置き換えタグ
{subscribe} : 今話している相手を購読させる
{unsubscribe} : 今話している相手を購読終了させる
※例)反応ワード:「購読する」
→返信メッセージ:「{name}さん有難う!これから情報配信しますね!{subscribe} 」
※例)反応ワード:「購読やめる」
→返信メッセージ:「{name}さん購読有難うございました!{unsubscribe} 」

メッセージ設定:定期・ランダムボット
https://help.botbird.biz/2017/01/11/periodic-random-bot/

以上でファーストステップは終わりです。
ここからは、様々な細かい機能や置き換えタグを駆使して、想像力あふれるチャットボットを作成して下さい。

ファーストステップガイド トップに戻る↑

書く
シンプル返信からの呼び出し方法を書く
プレビューで確認する方法も書