LINE公式アカウント作成方法

 

LINE公式アカウントを利用したチャットボットを作りたい場合は、事前に「LINEビジネスID」登録を行い、「LINE公式アカウント」を作成する必要があります。

 

【事前準備】

Botbirdのご登録がまだの方は、こちらからご登録下さい。
♦◊♦ファーストステップガイド♦◊♦
https://help.botbird.biz/2017/05/30/first-step-guide/
※初期設定でTwitterやFacebookの接続は不要です。

※LINE社のアカウント体系やAPI設定画面等の内容は随時更新追加が行われています。必ず公式ヘルプ・ドキュメントを参照しながら設定を行って下さい。恐れ入りますが、このページのヘルプ内容を利用して設定を行った場合に発生した損害等への保証は出来かねますので予めご了承下さい。

■LINE公式アカウントの開設には、事前にLINEビジネスIDの登録が必要です。
ico_help2_14LINEビジネスIDとは?
https://help2.line.me/business_id/web/pc?lang=ja&contentId=20011264

■「LINE公式アカウント」は、料金設定別に3つのプランがありますのでご注意下さい。
いずれのアカウントでもご利用可能ですが、各種プラン・利用料金に違いがありますので、詳しくはこちらをご確認下さい。
・LINE公式アカウント各種プラン・費用について
https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/plan/

■事前準備で必要なお申し込み・登録について不明点がある場合は、こちらをご覧下さい。
・ヘルプセンター | LINE
https://help2.line.me/official_account_jp/web/
・LINE公式アカウントを作成するには?
https://help2.line.me/official_account_jp/web/pc?lang=ja&contentId=20013136

metabirds (Botbird/SLMaMe) HELP
LINE公式アカウント作成方法(FAQ&Tips)
http://help.metabirds.net/e1691891.html

 

【設定時の注意事項】
各設定を行う場合、以下のページを同時に開きながら設定を行うとスムーズに設定することが出来ますのでご参考下さい。

・LINE developers
https://developers.line.me/ja/
・LINE Developersコンソール「Channel基本設定ページ」
https://developers.line.me/console/


 

 

1. LINEビジネスID作成ページに移動します

LINE公式アカウントの開設には、事前にLINEビジネスIDの登録が必要です。
登録可能なメールアドレス、もしくはLINEアカウントを準備し、LINEビジネスID作成ページに移動して下さい。

ico_help2_14LINEビジネスIDとは?
https://help2.line.me/business_id/web/pc?lang=ja&contentId=20011264

・「LINEビジネスID」申し込みページはこちら
※上記リンクが利用出来ない場合は、
こちらへアクセスして下さい。

account.line.biz_1


 

 

2. LINE公式アカウント開設ページに移動して下さい

LINEビジネスIDを作成後、LINE公式アカウントの開設ページに移動して下さい。

・LINE公式アカウントの開設|LINE for Business
https://www.linebiz.com/jp/entry/

line-official-account01

[未認証アカウントを開設する]をクリックして下さい。
認証を受けたい場合は、[認証済みアカウントを開設する]をクリックして進めて下さい。
※LINE公式アカウントの開設にあたっては、あらかじめLINE公式アカウントガイドラインをご確認ください。
※認証済アカウントを開設ご希望の方は、事前に認証済アカウント申請時の注意点をご確認ください。

 

[未認証アカウントを開設する]をクリックすると、ログイン画面が表示されます。
チャットボットに利用するLINEアカウント、またはビジネスアカウントでログインして下さい。


[LINEアカウントでログイン][ビジネスアカウントでログイン]の違いについて
LINEビジネスIDは、[LINEアカウントでログイン]または[ビジネスアカウントでログイン]でログインすることが出来ます。
※ご利用いただくサービスによって、[LINEアカウントでログイン]または[ビジネスアカウントでログイン]が必須の場合があります。

・LINEアカウントでログイン
普段ご利用いただいているLINEアカウントでログイン出来ます。
・ビジネスアカウントでログイン
普段ご利用中のメールアドレスで登録することが出来ます。
仕事で利用するメールアドレスでの利用や、LINEアカウントを利用したくない場合は、こちらでログインして下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。
[LINEアカウントでログイン]と[ビジネスアカウントでログイン]の違い
https://help2.line.me/business_id/web/pc?lang=ja&contentId=20011265

※以下は[LINEアカウントでログイン]した場合での説明となります。

 

 

line-official-account03

[LINEアカウントでログイン]をクリックすると、ログインに使用するアカウントが表示されます。
表示されたアカウントが合っているか確認し、[ログイン]をクリックして下さい。
[ビジネスアカウントでログイン]されたい場合は、[ビジネスアカウントでログイン]をクリックしてお進み下さい。

 

 

line-official-account04_1

「会社 / 店舗情報の登録」を行います。

ログイン情報に誤りがないか確認後、アカウントの基本情報を入力して下さい。
緑色の●が付いている項目(登録したいアカウント名、メールアドレス、業種)が必須入力項目です。
業種については、「大業種」を選択後「小業種」を選択して下さい。

 

 

line-official-account04_2_1

必須入力項目を入力後[確認する]をクリックして下さい。

 

 

line-official-account04_3

確認画面が表示されますので、入力内容に誤りがないか確認して下さい。
また、「LINE公式アカウント 利用規約」を確認し、同意出来る場合は[完了する]をクリックして下さい。

これでLINE公式アカウントが作成されました。
LINE公式アカウントのサービスを利用する場合は、管理画面「LINE Official Account Manager」にログインして下さい。

LINE Official Account Manager
https://manager.line.biz/

また、LINE公式アカウントについて不明点がある場合は、こちらをご確認下さい。

ヘルプセンター | JP Official Account
https://help2.line.me/official_account_jp/web/

 

 

Microsoft Teamsでのチャンネル設定

Microsoft Bot Framework / Azure Bot Service にてMicrosoft Teamsをチャンネル追加した場合の設定方法です。

※Microsoft Teams 管理者アカウントにて設定を行って下さい。

※現在、テキストベースの返信に対応しております。選択肢ボタンやカルーセルの表示には対応していませんのでご了承ください。

【事前準備】
■Microsoft Bot Framework / Azure Bot Service への登録

下記URLに従い、「3)チャットボットの管理を行います」の最後まですすめ、Teamsのチャンネル登録設定を行って下さい。
https://help.botbird.biz/2017/10/31/msbotframework/

 


1)Teamsで「App Studio」をインストールします

2)Teams > App Studioで新規Botを作成します

2−1)Manifest editor > Create a new app を選択

 

2−2)①Details > App Detailの各必須項目を入力

(「Identification」>「App ID」は「Generate」ボタンを押すと自動生成されます。)

 

2−3)②Capabilities > Botsに移動し、Botを追加

Existing Botに移動し、【事前準備】内において、Bot ServiceでデプロイしたBotを選択します。

 

2−4)Test and distributeでInstallを行います

 

※Installができない場合は、アプリのアクセス許可ポリシーおよびセットアップポリシーの変更が必要な場合があります。以下のページを参考に必要な設定を行ってください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-app-permission-policies
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/teams-app-setup-policies

 


3)Teamsでの呼び出し

App StudioでBotの追加が完了すると、自動的にトークルームが開きます。
話しかけて、Botbirdの設定に沿った回答ができていれば、導入完了です。

※上記登録後、実際にご利用できるまでに数分〜数時間要する場合がございます。

Amazon Alexaアプリ(スキル)の作り方(Botbird for Businessを利用)

 

■はじめに

Amazon Echo等で呼び出すことの出来るAlexaスキルは Alexa Skills Kit というプラットフォームを使うことで企業が独自にスキルを作成することが可能です。
この記事では、企業がBotbird for Businessを利用して、簡単に自社製のAmazon Echoアプリ(スキル)を作成する方法を説明します。

 

■必要なもの

Amazon.co.jp アカウント
Amazon Developer アカウント
Botbird for Business アカウント

【事前準備】
・Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得

1.Botbird for Businessにログイン
2.全体設定 → ボット設定
3.「ALEXA接続設定」よりwebhookの箇所にあるurlをコピーします。

スクリーンショット 2018-06-01 12.18.20.png

 


 

■全体の流れ

1.Amazonアカウントを作成
2.Amazon Developerアカウントを作成
3.Alexaコンソールでの新規スキルの作成
4.作成したAlexaスキルを文字入力でテストする。
5.作成したAlexaスキルをAmazon Echoでテストする。
6.Alexaスキルの公開申請

1.Amazonアカウントを作成

amazon.co.jp のアカウントをお持ちでない場合ば、(https://www.amazon.co.jp/)ここにアクセスしてアカウントを作成して下さい。

2.Amazon Developerアカウントを作成

Amazon Developerアカウントをお持ちでない場合は、アカウントの作成が必要です。
(https://developer.amazon.com/ja/alexa-skills-kit)にアクセスしてアカウントを作成ください。
(ヒント:「amazon developer アカウント」で検索すると、わかりやすい説明をみつけることが出来ます。)

3.Alexaコンソールから新規スキルの作成

3−1. Alexaの開発者向けページ(https://developer.amazon.com/ja/alexa)にアクセス。
ページ右上の「あなたのalexaコンソール」をクリックしてログインします。

3−2. Alexa Skills Kit のページを開くと開発しているスキルの一覧が表示されるので、「スキルの作成」をクリックします
alexa_apps_list3−3.スキル名を入力(例:会話アプリ)。そして「スキル作成時のデフォルト」を「日本」に設定。
作成するスキルの種類は「カスタム」を選択して「スキルの作成」をクリックして新規スキルを作ります。

3−4. スキル一覧から先程作ったスキルの項目の「編集」をクリック。

3−5. スキルの編集画面が開くので左メニューの「JSONエディター」をクリックすると、jsonの設定編集画面が開きます。

alexa_json

3−6.JSONエディターに既に入力されている内容をすべて削除して、以下の内容をコピーアンドペーストします。

{
    "interactionModel": {
        "languageModel": {
            "invocationName": "アプリ名を決めて入力して下さい",
            "intents": [
                {
                    "name": "AMAZON.CancelIntent",
                    "samples": []
                },
                {
                    "name": "AMAZON.HelpIntent",
                    "samples": []
                },
                {
                    "name": "AMAZON.StopIntent",
                    "samples": []
                },
                {
                    "name": "SetAnything",
                    "slots": [
                        {
                            "name": "Anything",
                            "type": "ANYTHING"
                        }
                    ],
                    "samples": [
                        "{Anything}"
                    ]
                }
            ],
            "types": [
                {
                    "name": "ANYTHING",
                    "values": [
                        {
                            "name": {
                                "value": "ここは変更しないで下さい"
                            }
                        }
                    ]
                }
            ]
        }
    }
}

*ここで 「”invocationName”: “アプリ名を決めて入力して下さい” 」という箇所が実際にスキルを呼び出す際に使うスキルの名前になります。独自アプリの呼び出しに使いたいアプリ名をこの箇所に設定して下さい。例)「 ”invocationName”:”会話アプリ” 」

3−7.「モデルを保存」というところをクリック

3−8. 左メニューの「エンドポイント」というところをクリック

alexa_webhook.png

3−9.先程の事前準備(Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得)の項目で取得したurlを「デフォルトの地域」というところに入力

3−9.url入力画面の下の選択肢で
「開発用のエンドポイントは、証明機関が発行したワイルドカード証明書をもつドメインのサブドメインです」 を選択します。

3−10.「エンドポイントを保存」クリックします。

3−11.左側のメニューの「呼び出し名」を選択し、呼び出し名が先程のjsonエディターで入力した内容(”invocationName”:〜の箇所)と合致しているか確認して、「モデルをビルド」をクリックします。

 

4.作成したAlexaスキルを文字入力でテストする。

4−1.「テスト」というタブを開くいて、「スキルを有効にする」というスイッチを押します。
4−2.画面左上あたりに文字を入力する箇所があるので、そこに「”アプリ名”を開いて」と入力するとスキルの動作を文字入力ベースで試すことができます。(例「会話アプリを開いて」)

alexa_simulator

5.作成したAlexaスキルをAmazon Echoでテストする

上記でスキルを作成したAmazonアカウントと同じアカウントでセットアップされているAmazon Echo等でも、同様にして作成した独自アプリを呼び出すことが可能です。

以下の手順でスキルの有効化を行います。

5−1.Amazon Echoデバイスの設定に利用している、Alexaアプリを起動します。
5−2. 設定メニュー(左上にある三本線のアイコン等)から、「スキル」を選択します。
5−4. 「有効なスキル」から、「DEVスキル」を選択します。
5−5.先程、新規作成したアプリ名(例:会話アプリ)が現れるので、それを選択します。
5−6.「有効にする」を選択します。(もしすでに有効になっている場合は「スキルを無効にする」と表示されるので、この場合はタップする必要はありません)

これでAmazon Echo に「アレクサ、”アプリ名”を開いて」(例:アレクサ、会話アプリを開いて)と呼びかけると独自アプリが起動します。

 

 

6.Alexaスキルの公開申請

独自スキルを一般公開するには公開申請をする必要があります。
公開申請の大まかな流は以下のようなものです。

6−1.alexaコンソールの「公開」というタブをクリックして、スキルの公開用情報を入力します。alexa_submit
ここで、スキルの説明文やアイコン画像等を入力します。
6−2.次に「プライバシーとコンプライアンス」を選択し、必要項目の設定を行います。
6−3.必要な情報を入力し、申請の準備が整ったら「申請」を選択して公開申請を完了します。
公開申請について、詳しくは(https://developer.amazon.com/ja/docs/custom-skills/submit-an-alexa-skill-for-certification.html)を御覧下さい。

 

 

 

 

Google Home独自アプリ(アクション)の作り方(Botbird for Businessを利用)

はじめに

Google Home で呼び出すことのできるアプリは、Actions on Googleというプラットフォームを使うことで企業が独自に作成することができます。
この記事では、企業がBotbird for Businessを利用して、簡単に自社製のGoogle Homeアプリ(アクション)を作成する方法を説明します。

必要なもの

Googleアカウント
Botbird for Business アカウント

事前準備

1.Googleアカウントを作る(既にアカウントをお持ちの場合この作業は不要です)

Google アカウントをお持ちでない方は、アカウント作成ページ(https://accounts.google.com/signup)にアクセスしてGoogle アカウントを作成してください。
アカウント作成後はGoogleトップページ(https://www.google.co.jp)右上のログインボタンをクリックしてログインを行って下さい。
既にGoogle アカウントをお持ちでログイン済みの場合、この作業は不要です。

2.Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得

4−1.Botbird for Businessにログイン
4−2.全体設定 → ボット設定
4−3.「GOOGLE HOME接続設定」よりwebhookの箇所にあるurlをコピーします。
スクリーンショット 2018-06-01 12.18.46.png

全体の流れ

1アクションコンソールでの作業
2コマンドラインでの設定と公開作業
3シミュレータでのテスト
4実機でのテスト
5承認申請と公開

1.アクションコンソールでの作業

アクションコンソールとは、Actions on Googleでアシスタント用アプリを作成する際の管理画面です。

・新規プロジェクトの作成

1−1.アクションコンソール(https://console.actions.google.com/)にアクセス
1−2.「Add/import project」 をクリック
1−3.「Project name」に任意のプロジェクト名を入力
ago_create_project
1−4.「Country/region」 を Japan に設定
1−5.「CREATE PROJECT」をクリックして新規プロジェクトを作成。

・プロジェクトIDのメモ

1−6.「プロジェクトID」の部分はアクションコンソールで新規に作成したアプリのプロジェクトページを開き、左上にある歯車マークから「Project Settings」をクリックすることで確認できます。

aog_project_id
以下でこのプロジェクトIDが必要になるのでメモします。

・アプリの呼び出し名を設定する

1−7.アクションコンソールのプロジェクトページを開き、左メニューかあら「Invocation」をクリック

1−8.「Invocation name」の欄に呼び出したいアプリ名を入力します。(例:会話アプリ)この設定により「Ok Google ”アプリ名” についないで」(例:「Ok Google 会話アプリにつないで」)とGoogle Homeに呼びかけることでアプリを起動することが可能となります。

2.コマンドラインでの設定と公開作業

・gactions CLI をダウンロードして初期化する

gactions CLI とはアプリの設定ファイルの更新を行うコマンドラインインターフェースツールです。
2−1.(https://developers.google.com/actions/tools/gactions-cli)ここからお使いの環境に合った gactions をダウンロードします。

2−2.任意の作業用フォルダーを用意して、そこに ダウンロードしたgationsファイルを移動
2−3(a) Macをお使いの場合、ターミナルを起動して
以下のコマンド3つを順番に打ち込みます。

$ cd "作業フォルダー名"
 $ chmod +x gactions
 $ ./gactions init 

を実行すると action.json というファイルが生成されます。
2−3(b) Windowsをお使いの場合、パワーシェルを起動して
以下のコマンド2つを順番に打ち込みます。

 $ cd "作業フォルダー名"
 $ ./gactions init 

を実行すると action.json というファイルが生成されます。
*”作業フォルダー名”の部分にはそのフォルダへのパスが入ります。

・gactions CLI でアプリ設定用のjsonファイルをアップロード

2−4.先程生成された action.json ファイルをエディタ等で開き、その中身を削除して、以下の内容をコピー・アンド・ペーストして下さい。

{
  "locale": "ja",
  "actions": [
    {
      "description": "Default Welcome Intent",
      "name": "MAIN",
      "fulfillment": {
        "conversationName": "botbird-conversation"
      },
      "intent": {
        "name": "actions.intent.MAIN"
      }
    }
  ],
  "conversations": {
    "botbird-conversation": {
      "name": "botbird-conversation",
      "url":  ここにwebhookurlを記述,
      "inDialogIntents": [
        {
          "name": "actions.intent.CANCEL"
        }
      ],
      "fulfillmentApiVersion": 2
    }
  }
}

上記の「ここにwebhookのurlを記述」の部分に
先程の事前準備2(Botbird for Businessにログインしてwebhook先のurlを取得)で取得したurlを当てはめて下さい。

2−5.以下のコマンドを実行してjsonをアップロードしてください。

$ ./gactions update --action_package action.json --project プロジェクトID

*プロジェクトIDの部分に先程メモしたプロジェクトIDを当てはめて下さい

2−6.次に以下のコマンドを実行してアプリをテスト可能な状態にします。

$ ./gactions test --action_package action.json --project プロジェクトID

3.シミュレータでのテスト

アクションコンソールのプロジェクトページの左にある「Simulator」をクリックしてシミュレーション環境を開きます。
aog_simulator.png
画面中央の下部あたりに文字を入力する領域があるので、そこに文字を入力することでアプリの動作を文字入力を通してテストすることが可能です。
(もしシミュレーターが動作しない場合は
「CHANGE VERSION」をクリック
「test draft」を選択
「DONE」をクリック
するとシミュレーターが使えるようになります。また、こちらのページでアクティビティを有効にする必要があります。)

4.実機でのテスト

・Google Homeから独自のアプリを呼び出してみる

上記でアプリを作成したGoogleアカウントと同じアカウントでリンクしているGoogle Homeでも同様にしてアプリを起動することが可能です。
Google Homeに向かって「Ok Google “アプリ名” につないで」(例:Ok Google 会話アプリにつないで)と呼びかければBotbird for Businessで作成したボットと会話可能な独自のアプリが起動します。

5.公開申請と公開

独自アプリを一般公開アプリにするには、公開申請が必要です。
公開申請の大まかな流れは以下のようになります。
5−1.アクションコンソールの左メニューの「Directory information」を選択し、アプリの説明文やアイコン画像等を項目を入力する必要があります。
aog_information
5−2.左メニューの「Location targeting」を選択し、アプリが利用可能な地域を選択します。
5−3.必要項目の入力が完了したら、「Release」からアプリの申請を実行します。
公開申請についての詳細は(https://developers.google.com/actions/console/publishing)こちらを御覧ください。

 

 

Skype for Business でのチャンネル設定(Microsoft Bot Framework / Azure Bot Service)

Microsoft Bot Framework にてSkype for Businessをチャンネル追加した場合の設定方法です。

※Skype for Business 管理者アカウントにて設定を行って下さい。

 

【事前準備】
■Microsoft Bot Framework / Azure Bot Service への登録

下記URLに従い、「3)チャットボットの管理を行います」の最後まですすめ、Skype for Businessのチャンネル登録設定を行って下さい。
https://help.botbird.biz/2017/10/31/msbotframework/

 


 

1)Skype for Business Admin PowerShell コマンドレットのインストール
下記URLを開き、指定のモジュールをインストールして下さい(未インストールの場合)
https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn362831.aspx

 


 

2)Windows PowerShellでの作業
Windows PowerShellをPC管理者として開いて下さい(コマンドキーを押しながら起動)

2−1)下記のコマンドを入力して下さい

Import-PSSession (New-CsOnlineSession -Credential (Get-Credential))

・もし「WinRM サービスの起動」というメッセージが出てきたら、「Y」を押して起動して下さい。
・途中で認証画面が出ますので、Skype for Businessで利用している「管理者用アカウント@ご利用のドメイン名」と「パスワード」を入力して認証してください。(例:admin@yourcompany.onmicrosoft.com )
・「ModuleType Version    Name                                ExportedCommands」「Script     1.0        tmp_xxxxxx.jvl                    {Clear-CsOnlineTelephoneNumberReservation, Complete-CsCceA…」などのメッセージが出力されたら次に進んで下さい。

2−2)下記のコマンドを入力して下さい。

New-CsOnlineApplicationEndpoint -ApplicationId xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx -Name NameOfTheBot -Uri sip:botname@yourcompany.onmicrosoft.com

・「xxxxx」部分には、事前準備のSkype for Businessチャンネル設定画面に表示されたアプリケーションIdを利用します。
・「NameOfTheBot」部分には、任意のボット名を入力して下さい。
・「botname@yourcompany.onmicrosoft.com」部分には、「任意のボット名@ご利用のドメイン名」を入力して下さい。
・「RunspaceId」「FriendlyName」「Id」等のメッセージが崇敬に渡って出力されたら次に進んで下さい。

 


 

 

3)Skype for Businessでの呼び出し
Skype for Businessを開き、上記の「botname@yourcompany.onmicrosoft.com」部分で指定した名前を検索すると、該当のチャットボットが開きます。こちらとボット会話を行うことが可能です。
※上記登録後、実際にご利用できるまでに数分〜数時間要する場合がございます。

 

 

 

 

Google Home Botbird公式アクションの利用

利用方法

1. Botbird for Businessにログインします


2. 左メニュー「全体設定」−「ボット設定」

left_menu.png

をクリックして出てくるボット設定ページの下部にある、「GOOGLE HOME接続設定」項目
の「ボットID」を覚えておいて下さい。

ID_and_pass_IDfocus.png


3. 「合言葉」に、お好きな合言葉を入力して[アップデート]して下さい。 例)「あいうえお」

ID_and_pass_IDupdate.png

 


4. Google Homeに対して「ボットバードにつないで」と話しかけます。


5. ボットバードアプリにつながると 「ボットIDを教えてください」 と訪ねてきますので、そこで上で確認したボットIDを話しかけます。数字をはっきりと発音して下さい。
例)ボットIDが「012345678」の場合は「ゼロ・イチ・ニイ・サン・ヨン・ゴウ・ロク・ナナ・ハチ」と発音します。


6. ボットIDが正しく認識された場合は次に 「合言葉をお願いします」 と尋ねられるので上で入力した合言葉を話しかけて下さい。
合言葉が正しいと確認された場合
「合言葉を確認しました。ボットにお繋ぎします。話しかけて見てください。」
と返答があります。


7. これで、Google Homeを通してボットバードで作成したチャットボットとの会話が可能となります。


■注意事項

上記方法では、メタバーズ製の「ボットバード」というGoogleHome用アプリ(アクション)を
利用しての会話となります。
独自のアプリ(アクション)を作成しての会話も可能ですので、ご支援必要でしたらご連絡下さい。

お問い合わせ

 

 

 

Microsoftアカウント・Azure新規サブスクリプション作成方法

チャットボット作成時に必要な「Microsoftアカウント・Azure新規サブスクリプション作成方法」です。

Botbirdを利用すればプログラム無しでSkypeやSkype for Business, Slack等のチャットボットを作成することが出来ます!
※現在βテスト中です。予告なく仕様変更、または不具合やサービス停止の可能性もございますので、予めご了承下さい。


チャットボットを作成する際に「Azure Bot Service(Bot Framework)」を利用するため、「Microsoftアカウント」「Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション)」が必要となります。

※ご注意下さい※
2018年2月1日現在、Microsoft Azureへの登録時にクレジットカードの登録が必要となります。
また、登録した際に30日間無料アカウントを試用後、従量課金プランへと移行することとなりますが、ボットは無料で作成出来ます。
ただし、ご利用時にはこちらを充分にご確認の上ご利用下さい。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/bot-service/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/free-account-faq/

「Azure Bot Service(Bot Framework)」とは何ですか?
Microsoft社が提供している、チャットボットを開発するための統合サービスです。これを活用することで、BotbirdのボットをSkype, Skype for Business, Slack, Telegram, Kik, Twillio(SMS), Email等のメッセージと接続することが可能です。
不明点がある場合は、こちらをご覧下さい。
https://docs.microsoft.com/ja-JP/bot-framework/

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/


【Microsoft アカウント作成方法】
Microsoft アカウントは、すでにお持ちの個人でご利用の電子メール アドレスでも利用出来ます。
以下は「既存のメールアドレス」を利用した登録方法です。
※登録時に「SMSが受信出来る電話番号」が必要となります。

①Microsoft アカウントの新規作成ページへ移動し、「アカウントの作成]」ページで、登録に必要な情報(メールアドレス、設定したいパスワード、姓名、国/地域の選択、生年月日を入力し、[次へ]を押します。

②入力したメールアドレス宛に、「メール アドレスの確認」メールが届きますので、記載されているセキュリティ コードを確認し、入力して下さい。

・Microsoft アカウントの新規作成ページ
https://signup.live.com/

③セキュリティ情報の追加を行います。
国コードから「日本(+81)」を選択し、SMSを受信出来る電話番号を入力して、[コードの送信]を押して下さい。
SMSが届きますので、記載されていたコードを入力して下さい。


新しくメール アドレスを作成して、Microsoft アカウントとして利用したい方は、こちらをご参照下さい。
Microsoft アカウント登録手続き > Outlook アカウントを作成し、利用する方法
https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/hotmail.aspx


【Azure無料アカウント(Azure新規サブスクリプション)作成方法】
新規作成時「携帯電話」 (SMS認証を使用します)「クレジットカード番号」が必要となります。

①Microsoft Azureの公式サイトにアクセスし、[無料で試す]を押します。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/

②事前準備しておいた「Microsoftアカウント」で登録したメールアドレスを入力して[次へ]を押して下さい。

「Microsoftアカウント」で登録したパスワードを入力して[サインイン]を押して下さい。

③Azure無料アカウント(Azure新規サブスクリプション)のサインアップ(登録)を行います。
注意事項を確認の上、登録に必要な情報を入力し[次へ]を押します。

④電話による本人確認を行います。
こちらも注意事項を確認の上、国コードは「日本(+81)」を選択し、携帯電話番号を入力して下さい。
SMS認証が行える場合は[テキストメッセージを送信する]を押して下さい。
SMS認証が行えない場合は[電話する]を押して下さい。

認証コードが届きましたら、コードを入力して[コードの確認]を押します。

⑤クレジットカードによる本人確認を行います。
注意事項を確認の上、登録に必要な情報を入力して下さい。

⑥アグリーメントを行います。
サブスクリプション契約、プランの詳細、プライパシーに関する声明、コミュニケーション ポリシーに同意します

サブスクリプション契約
https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/subscription-agreement/?country=JP
プランの詳細
https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0044p/
プライパシーに関する声明
https://privacy.microsoft.com/ja-jp/privacystatement
コミュニケーション ポリシー
https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ms-azr-0044p/#communications-policy

[サインアップ]を押すと「Microsoft Azure」開始ページへ移動します。
選択欄が表示されますので、質問に答える場合は回答を選択して[送信]を押して下さい。
回答しない場合は[スキップしてAzure Portalを続行する]を押して下さい。

 

 

 

LINEとの連携設定

 

【事前準備】
Botbirdのご登録がまだの方は、こちらからご登録下さい。
♦◊♦ファーストステップガイド♦◊♦
https://help.botbird.biz/2017/05/30/first-step-guide/

※初期設定でTwitterやFacebookの接続は不要です。
※LINE社のアカウント体系やAPI設定画面等の内容は随時更新追加が行われています。必ず公式ヘルプ・ドキュメントを参照しながら設定を行って下さい。恐れ入りますが、このページのヘルプ内容を利用して設定を行った場合に発生した損害等への保証は出来かねますので予めご了承下さい。

「LINEアカウント」の登録を行って下さい。
登録方法については、こちらをご覧下さい。
LINEみんなの使い方ガイド
https://guide.line.me/ja/beginner/start/

【設定時の注意事項】
各設定を行う場合、手順5.以降は、以下のページを同時に開きながら設定を行うとスムーズに設定することが出来ますのでご参考下さい。

・LINE developers
https://developers.line.me/ja/
・LINE Developersコンソール「Channel基本設定ページ」
https://developers.line.me/console/
・Botbird for Business
https://botbird.biz/member/login

また、記事内参考画像が古い場合がありますが、基本的に進め方は一緒となります。


 

 

1. 「LINE developers」に申し込みます

1)[ログイン]を押して下さい
・「LINE developers」申し込みページはこちら

ボットを作成する際に「LINE Messaging API」を利用するため、「LINE developers」に申し込む必要があります。(申し込み済みの方はこの項目を飛ばして、手順2にお進み下さい)
ページ上部に表示される[ログイン]を押して下さい。

line-connect_01sp
<スマホ表示の場合>

line-connect_01pc
<PC表示の場合>

「LINE Messaging API」は、LINE株式会社(LINE Corp.)が提供しているメッセージを自動配信するためのサービスです。
「LINE Messaging API」」にに申し込む場合、「LINEアカウント」を利用する必要がありますので、事前にご準備下さい。


2)「ボットに利用するLINEアカウント」でログインして下さい
「LINEアカウント」を準備出来ましたら、以下の手順で進めて下さい。

LINE_BusinessID

「LINE Developersコンソール」へのログイン画面が表示されますので、「LINEアカウントでログイン」を押して下さい。

LINE_BusinessID_login

事前準備した、ボットに利用するLINEアカウントが表示されている場合は、そのまま「ログイン」をタップしてログインして下さい。
違うLINEアカウントが表示されている場合は、「別のアカウントでログイン」をタップし、事前準備したアカウントでログインして下さい。

※別のアカウントでログインする場合、事前準備したLINEアカウント用のメールアドレス、パスワードを入力してログインして下さい。
(LINEアプリの「設定>アカウント」からアカウント情報を確認することが出来ます。)
※[ログイン]を押すと、本人確認画面が表示される場合があります。もし表示された場合は、スマートフォンのLINEを開き、認証番号の入力等、画面に表示された手順を行って下さい。

3)開発者登録を行って下さい
「LINE Developers コンソール」を利用するためには開発者登録も必要となりますので、ログイン後「開発者名」「メールアドレス」を入力して下さい。
(登録情報は登録後でも変更可能です。)

LINEBOT02

ico_help2_14開発者名について
Developrsコンソール上で表示されるアカウント名となります。こちらに入力した名称はエンドユーザー(ボットを利用する人)には表示されません。)
ico_help2_14メールアドレスについて
Developrsコンソール上で使用するメールアドレスです。LINE IDのメールアドレスと同一である必要はありません。(LINE IDで利用しているメールアドレス以外を入力しても登録することが出来ます。)

LINE Developers Agreement(http://terms2.line.me/LINE_Developers_Agreement)の内容を確認し、同意する場合はチェックボックスをチェックし、[確認]を押して下さい。


 

 

2.プロバイダー登録を行います

LINEBOT03

開発者登録完了後に表示される[はじめる]を押して「プロバイダー登録」を行います。
※一度画面を閉じてしまった場合は、コンソールトップ画面に表示されている[Messaging API(ボット)をはじめる]を押して下さい。
(既にプロバイダー登録済みの場合など、もしこちらの画面が表示されない場合は、手順3.へ進んで下さい)

LINEBOT04
プロバイダーとは「サービス提供者(企業・個人)」を指します。
[プロバイダーを作成する]を押して進んで下さい。

LINE_New_provider01
<スマホ表示の場合>

プロバイダー名を入力し、[作成]を押して下さい。

LINE_New_provider02
<スマホ表示の場合>

新規プロバイダーを作成完了後、コンソールメニュー画面に移動しますので、「Messeaging API」を押して下さい。

・スマホ表示の場合、≡をクリックすると「LINE developers」各メニューが表示されます。
・作成したプロバイダーを確認したい場合は、「プロバイダー設定」を押して下さい。


 

 

3.新規channel登録を行います

「Messaging API」を使ってボットを作成するには、「LINE Developersコンソール」でチャネルを作成する必要があります。
作成画面が開きますので、必要事項を入力して下さい。
※既存のチャネルやLINE公式アカウント(旧:LINE@)を利用の場合は、この手順を飛ばして下さい。

LINE_New_channel1

チャネルの種類:「Messaging API」を選択して下さい。
プロバイダー:作成したプロバイダー名が表示されているか確認して下さい。
もし表示名が違う場合は、∨をタップして正しいプロバイダー名を選択して下さい。
チャネルアイコン:チャネル用アイコン画像を用意して設定して下さい。(任意)
※画像は3MB以内、JPEG/PNG/GIF/BMP形式

LINE_New_channel3

チャネル名:希望するチャネル名を入力して下さい。
チャネル説明:作成するチャネルの説明文を入力して下さい。
大業種:∨をタップして、適切な業種を選択して下さい。
少業種:∨をタップして、適切な業種を選択して下さい。
メールアドレス:送受信可能なメールアドレスを入力して下さい。

LINE_New_channel4

プライバシーポリシーURL:必要に応じて入力して下さい。(任意)
サービス規約URL:必要に応じて入力して下さい。(任意)

入力が終わりましたら、「LINE公式アカウント 利用規約」「LINE公式アカウントAPI利用規約」を確認して下さい。
内容に同意出来る場合はチェックボックスをチェックし、[作成]を押して下さい。

既にご利用中の「LINE公式アカウント(旧:LINE@)」をボットとしてご利用される場合は、「LINE Official Account Manager(旧:LINE@マネージャー)からMessaging APIの設定を行って下さい。
※ログイン後に表示される画面右上の「設定」→左側メニュー「Messaging API」をタップすると設定が行なえます。

LINE Official Account Manager
https://manager.line.biz/

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI01

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI02

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI03


 

 

4.Channel基本設定を行います

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel01

1)3.の新規チャネル作成完了後、作成したチャネルの基本設定画面が表示されますので、「Messaging API設定」を押して下さい。
※「Channel基本設定」ページに直接移動したい方は、こちらのURLをクリックし、ボットに使用するプロバイダー名を押して下さい。

https://developers.line.me/channels/

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel02

まず、ボット自動返答メッセージの設定を変更します。
初期設定メッセージが設定されてしまっているため、「Messaging API設定」画面下部までスクロールして下さい。
「LINE公式アカウント機能」設定欄がありますので、「応答メッセージ」を無効にし、「あいさつメッセージ」横に表示されている[編集]を押して下さい。

「LINE Official Account Manager」応答設定画面に移動しますので、こちらで各メッセージを編集して下さい。

あいさつメッセージには初期設定のメッセージが登録されていますので、[あいさつメッセージ設定]を押して好みのメッセージに変更して下さい。

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel06<あいさつメッセージ設定画面>

好みのメッセージに編集出来ましたら[変更を保存]を押して下さい。
※LINE公式アカウントの設定ではなく、Botbird for Business側であいさつメッセージを設定することも可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

2)LINE Developersコンソールの「チャネルの基本設定」画面に戻り、以下の情報をコピー&ペーストしてメモしておいて下さい。

・トップ>新規プロバイダー>新規プロバイダー用チャネル>チャネル基本設定
「チャネルID」
「チャネルシークレット」
※チャネルシークレット欄に英数字の文字列が表示されていない場合は、[発行]を押すと表示されますので、表示された英数字の文字列をコピー&ペーストして下さい。

・トップ>新規プロバイダー>新規プロバイダー用チャネル>Messaging API設定
「チャネルアクセストークン」
※英数字の文字列が表示されていない場合は、[発行]を押すと表示されますので、表示された英数字の文字列をコピー&ペーストして下さい。

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel09-1LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel09-2

LINE_OfficialAccount_MessagingAPI_channel10※「チャネルアクセストークンは」初期設定で未設定となっていますので、[発行]を押し選択し、表示された英数字の文字列をコピーして下さい。


 

 

5.Botbird for Business「LINE接続設定」を行います

1)Botbird for Business管理画面にログインをすると、ダッシュボードが表示されます。
左側メニュー「全体設定」をクリックし「ボット設定」を選択して下さい。

botbirdbiz_botsetting_202004_01

「ボット設定」画面では、各種接続設定等を行うことが出来ます。
「LINE接続設定」欄を表示して下さい。

botbirdbiz_botsetting_202004_02

2)4.-2)でメモした「チャネルID」「チャネルシークレット」「チャネルアクセストークン」を「LINE接続設定」欄に正しく入力して下さい。
(LINE Developersコンソールの「Channel基本設定」ページに表示されている「Channel ID」「Channel Secret」とメッセージ送受信設定「アクセストークン」の3つの情報を入力して下さい。)
※文字列の最後に空白等が入ってしまわないようにご注意下さい。

入力後、必ず「アップデート」ボタンをクリックして下さい。

上手くコピー出来ていなかった場合や、再度「Channel基本設定」ページを表示したい方は、こちらのURLをクリックし、ボットに使用するプロバイダー名を押して下さい。

https://developers.line.me/channels/

3)「Webhook URLの指定(LINEに設定)」欄をクリックして、英数時の文字列をコピーして保存して下さい。
その後LINE Developersコンソールの「Messaging API設定」画面に戻り「Webhook設定」を表示して下さい。
初期設定は何も表示されていませんので、[編集]を押し、コピーしておいた「https://metabirds.net:443/api/line_callback.php?mid=○○○」からはじまる、英数字の文字列を入力して[更新]を押して下さい。

その後「検証」を押してWebhock URL設定に問題がないようでしたらば、「Webhookの利用」を有効化して下さい。

botbirdbiz_botsetting_202004_03


 

 

6.確認を行って下さい

Botbird for Business側の「シンプル返信ボット」設定を行った後、「LINE Developersコンソール」の「Channel基本設定」ページ下部に表示される「LINEアプリへのQRコード」を読み込み、このボットを登録(友だちに追加)して話しかけて下さい。

botbirdbiz_botsetting_202004_04

各設定が正しく行えていた場合は、「シンプル返信ボット」の設定内容で返信が行われます。

ico_help2_14スマホ使用時、上記の方法で基本設定が上手く行えない場合は?
コピーペーストで躓いてしまう場合は、Botbirdアプリを利用しながら、以下の手順をお試し下さい。(Botbirdアプリ内からLNE登録画面にアクセスする際、Botbirdアプリ内で画面移動することが出来ますので、コピーペーストが行いやすくなります。)

①LNE登録画面で「アクセストークン」を再発行してコピーして下さい。
Webhook送信を利用するに変更し、LNEアプリのQRコードのスクリーンショットを行って下さい。
②Botbirdアプリ内LNE返信設定画面で①のアクセストークンをペーストして下さい。その後「Webhook URL」の指定内容をコピーして下さい。
③LNE登録画面でWebhook URLに②をペーストして「更新」して下さい。その後「Channnel ID」をコピーして下さい。
④Botbirdアプリ内LNE返信設定画面で③でコピーした「Channnel ID」をペーストして下さい。
⑤LNE登録画面で「Channel Secret」をコピーして下さい。
⑥Botbirdアプリ内LNE返信設定画面で⑤「Channel Secret」をペーストし、「設定」して下さい。
⑦①で撮っておいたQRコードのスクリーンショットをライブラリから読み込んで下さい。

Skype/Teams等BOTの作り方(Azure Bot Service/Microsoft Bot Framework 接続方法)

Skype/Teams等BOTの作り方(Azure Bot Service/Microsoft Bot Framework 接続方法)です。

Botbirdを利用すればプログラム無しでSkypeやSkype for Business, Microsoft Teams等のチャットボットを作成することが出来ます!

「Azure Bot Service(Bot Framework)」とは何ですか?
Microsoft社が提供している、チャットボットを開発するための統合サービスです。これを活用することで、BotbirdのボットをSkype, Skype for Business, Microsoft Teams, Telegram, Kik, Twillio(SMS), Email等のメッセージと接続することが可能です。
不明点がある場合は、こちらをご覧下さい。
https://docs.microsoft.com/ja-JP/bot-framework/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/



【事前準備】

■Botbird for Businessにご登録がまだの方は、お申し込み下さい。

■Microsoftの各アカウントを取得して下さい。
チャットボットを作成する際に「Azure Bot Service(Bot Framework)」を利用するため、「Microsoftアカウント」「Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション開設)」が必要となります。

・Microsoftアカウント新規作成ページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/signup/default.aspx
・Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション)作成ページ
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/

詳しい作成方法は、こちらをご覧下さい。
【Microsoftアカウント・Azure新規サブスクリプション作成方法】
https://help.botbird.biz/2018/03/01/msaccount_azure/

※※※ご注意下さい※※※
2018年2月1日現在、Microsoft Azureへの登録時にクレジットカード登録が必要となります。
また、登録した際に30日間無料アカウントを試用後、従量課金プランへと移行することとなりますが、ボットは無料で作成出来ます。
ただし、ご利用時にはこちらを充分にご確認の上ご利用下さい。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/bot-service/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/free-account-faq/


 

1)「Microsoft Bot Framework」にサインインして下さい

https://dev.botframework.com

右上の「Sign in」を押します。

事前準備で登録しておいた「Microsoftアカウント」を入力して下さい。

お住いの「country/region」を選択し、「Terms of Use」「Privacy Statement」「Code of Conduct」を確認して、同意出来る場合はチェックボックスをチェックして下さい。

・Terms of Use
https://www.botframework.com/Content/Microsoft-Bot-Framework-Preview-Online-Services-Agreement.htm
・Privacy Statement
https://privacy.microsoft.com/ja-jp/privacystatement
・Code of Conduct
https://www.botframework.com/Content/Developer-Code-of-Conduct-for-Microsoft-Bot-Framework.htm


 

2)「My bots」ページから設定を開始します

①「My bots」ページから、ボットの設定を開始します。

上部メニュー「My bots」を押し、[Create]を押して下さい。

[Create]を押すと「Azureポータル」に移動します。
チャットボット作成や各種設定確認、変更などは「Azureポータル」を利用して行います。
初回ログイン時にツアーを開始するか表示される場合がありますが、必要に応じて選択して下さい。
※ツアーを開始した場合は、終了後に左側メニュー「ダッシュボード」を押すと、最初の画面(ポータルトップページ)に戻ることが出来ます。

②「Bot Channels Registration」を選択します。
ホーム>Bot Service」ブレードが開きますので「Bot Channels Registration」を押して下さい。
この時「Bot Channels Registration」以外を選択して設定を行うと、追加課金が発生してしまう場合がありますので充分にご注意下さい。

※上記の画像通りに移動しなかった場合(ダッシュボードが表示された場合等)は、上部の検索欄に「bot」と入力して下さい。

※「Web App Bot」「Function Bot」「Bot Channels Registration」という同じ Bot マークのサービスが 3 つ表示されますので、「Bot Channels Registration」を選択します。

Bot Channels Registration」の設定を行うには、Azure サブスクリプションを取得する必要があります。

[作成]を押した後、[新しいサブスクリプションにサインアップしてください]を押して下さい。

パスワード入力画面が表示されますので、Microsoftアカウントのパスワードを入力して下さい。
※事前に「Azureアカウント(Azure新規サブスクリプション開設)」の登録を済ませていない場合、ここで登録を行う必要があります。
詳しい作成方法は、こちらをご覧下さい。

Azure無料アカウント(Azure新規サブスクリプション)作成方法】
https://help.botbird.biz/2018/03/01/msaccount_azure/

③チャットボットの設定に必要な情報を入力します。
「ボット名」など、設定に必要な情報を入力していきます。

– サブスクリプション : アカウント登録後30日以内は「無料試用版」「従量課金」を選択することが出来ます。
– 場所 : お住いの地域を選択して下さい。
– 価格レベル : (価格の詳細を表示)を押すと、詳細が確認出来ます。
無料で利用したい場合は、必ず「F0 Free」を選択して下さい。
– メッセージングエンドポイント: Botbird for Businessの「ボット設定( https://botbird.biz/member/bot_setting )」画面に表示される、「MICROSOFT BOT FRAMEWORK接続設定」の「Messaging endpointの指定」に表示された長い文字列(例: https://metabirds.net/api/msbot_callback.php?mid=xxxxx&bid=xxxx&key=xxxxxxxxxxxxx )をコピーペーストで入力して下さい。

– Application Insights:※一定の利用量を超えてしまうと追加課金が発生してしまうため、「Application Insights」は使用しないように変更して下さい。

その他の設定については、初期設定で問題ないかと思いますが、必要に応じて変更を行って下さい。
また、この時、「ダッシュボードにピン留めする」にチェックを入れておくと、ダッシュボードに表示されるようになり、利用しやすくなります。

入力、選択が完了しましたら[作成]を押します。
[作成]から[検証しています]に変化し、デプロイが開始されます。

その後、デプロイが成功するとダッシュボードに通知が表示されますので、[リソースに移動]を押します。
※デプロイが成功するまで、時間が掛かる場合があります。


 

3)チャットボットの管理を行います
設定に成功したボット名の設定ページが表示されますので、左側メニュー「設定」を押して下さい。

ボットのプロファイルを登録します。

ボットのアイコン画像登録、表示名、説明文を入力し、上部に表示されている[保存]を押して下さい。

その後「Microsoft App ID」横に表示されている[管理]を押して下さい。

新しい画面が開きますので、Botbird側での設定に必要なパスワードを取得します。
[新しいパスワードを生成]を押し、表示された文字列をコピーします。
※パスワードは一度しか表示されませんので、確実にコピーして下さい。
また、一緒に「アプリケーションID (Microsoft App ID)」もコピーしておいて下さい。

次に、「チャンネル」メニューから、実際に利用するメッセージプラットフォームを選択します。

SS 2018-06-01 12.29.59.jpg

各チャンネルを選択すると、詳細設定画面が表示されますので、その説明内容に応じて設定を進めて下さい(ご不明な点はお問い合わせ下さい)。
Skype for Business のチャンネル設定はこちら
Microsoft Teams のチャンネル設定はこちら

これで、Azure Bot Service(Bot Framework)側のボット設定が完了となります。


 

4)Botbird for Businessの「ボット設定」画面から、「MICROSOFT BOT FRAMEWORK接続設定」を行って下さい
上記でメモした、「アプリケーションID (Microsoft App ID)」「パスワード」を正しく入力して下さい。
※文字列の最後に空白等が入ってしまわないようにご注意下さい。

SS 2017-10-31 11.26.16


 

5)Botbird for Businessの返信ボット設定を行って下さい
https://botbird.biz/member/bot_mention_simple
※動作設定を「動作中」に変更するのを忘れないようにして下さい。

(正しく動作しない場合)
・「アプリID」「パスワード」が間違わずに設定されているかご確認下さい。
・「シンプル返信ボット」の設定画面で、「動作設定」が「動作中」になっているかご確認下さい。
・プレビューチャットが正しく動作するかご確認下さい。

Facebookアプリ 承認方法

 

作成したチャットボット(Facebookと連携したチャットボット=Facebookアプリ、以下アプリ)を一般公開したい場合は、以下の手順に沿ってFacebook側での「承認プロセス」を踏む必要があります。
以下の手順に沿って申請を行って下さい。


【申請時に必要なもの】

Facebook for Developers
https://developers.facebook.com/

上記URLにログイン後、右上に表示される「マイアプリ」をクリックします。
申請を行いたいアプリ名をクリックして進んで下さい。
「ダッシュボード」が表示されますので、左側メニュー「設定」内「ベーシック」を開き、以下の設定を行って下さい。

・アプリのアイコン画像(1024 x 1024サイズ)を用意して下さい。
・プライバシーポリシーが記載されたURLを用意して下さい。
・サービス規約のURLを用意して下さい。
※プライバシーポリシー、サービス規約については、別途用意したプライバシーポリシーをHPやブログに記載してURLを記入して下さい。

 


事前に何も設定しないととこちらの画像のようにエラーが表示されますので、全ての設定を行って下さい。

 

2018-7-24_18-36-53_No-00
<設定例>


【申請方法】

1.要件を確認し、手順に従って下さい。
ボットを公開する準備が出来たら、Facebookチームに申請を行う必要があります。
この審査プロセスにより、FacebookではMessengerボットがMessengerのすべての利用者に公開される前に、ポリシーを遵守し、正しく機能することを確認しています。
ボットを申請するには、以下の要件を確認し、次の手順に従って下さい。

 

要件

  • ボットが全てのMessengerプラットフォームとFacebookのポリシーを遵守していることを確認します。
  • ボットがFacebookコミュニティ規定に準拠していることを確認します。
  • ボットに関連付けられているFacebookページを公開します。
  • Webhookが正しく機能することを確認します。(正しく動作すると、20秒以内にWebhookイベントに対して200 OKの応答を返します。)
  • あなたのボットが機能やコンテンツをゲート管理している場合、レビューチームが何らかの方法でアクセスおよびテストできるようにして下さい。
    ※設定例※
    ある機能でユーザーがサービスにログインする必要がある場合、申請ノートでユーザー名とパスワードを知らせてください。
    または、ボットに送信して通常のゲート管理フローを開始できるキーフレーズをレビュアーに伝えるという手段もあります。

 

 

2. 利用者がページにメッセージを送信できるように設定して下さい
利用者からメッセージを受信するには、ページのメッセージ機能を有効にする必要があります。
アプリに設定しているページに移動し、ページ上部「設定」をクリックして下さい。

2018-7-25_16-41-21_No-00

 

一般設定ページが表示されますので「メッセージ」設定欄に表示されている[編集]をクリックします。

2018-7-25_16-45-48_No-00

 

「ページにメッセージボタンを配置して、閲覧者からの非公開メッセージを受け付ける」チェックボックスをオンにして、[変更を保存]をクリックします。

 

2018-7-25_16-46-0_No-00

 

 

3.ボットを開発モードにして下さい
ボットのアプリページに戻り、ダッシュボード右上に表示されているモードを確認します。
以下の表示になっていない(開発モードになっていない・オンとなっている)場合は、オン/オフボタンをクリックして開発モード(オフ)に設定して下さい。

2018-7-25_17-16-32_No-00 2018-7-25_17-16-43_No-00

以上で申請の準備が整いました。

 

 

4. 「Messengerのアプリレビュー」に移動します
「ダッシュボード」左側メニュー「プロダクト」の「Messenger」内「設定」を表示します。

2018-7-24_18-41-40_No-00

最下段に「Messengerのアプリレビュー」設定欄がありますので、申請するアクセス許可を選択します。
ボットに必要なアクセス許可ごとに[申請に追加]ボタンをクリックすると、下部の[現在の申請]に追加されたアクセス許可が表示されます。

 


※初期設定時は「pages_messaging」のみ選択されています。
※その他の設定も追加選択したい場合は「申請に追加」をクリックして下さい。

審査プロセスでは、Facebookチームがボットをテストし、それぞれのアクセス許可が必要であること、ボットが関連するメッセージのポリシーに準拠していることを確認します。
少なくとも、ボットがメッセージを送信できるように、pages_messagingのアクセス許可をリクエストしてください。

 


5. 各申請のノートの編集を行います

権限を選択したら[現在の申請]内に表示されている各申請のノートを編集します。
リクエストする権限の横に表示されている[ノートを編集]をクリックし、各フォームに必要事項を記入します。
記入漏れがないことを確認後[審査を申請する]をクリックして下さい。


<ノートの記入例>設定済みのシナリオボットを記入
※1.で「申請に追加」をクリックしていない場合「pages_messaging」のみ表示されています。
※記入する際は、日本語で問題ありません。

 

 

6. 申請と承認待ち
[審査を申請する]
をクリックすると、ボットを申請した人の名前と申請時刻が表示されます。
また、ボットの申請後、Facebookの審査チームがボットにメッセージを送信して、返信時間や機能のテストと、ポリシーに準拠しているかどうかの確認を行います。審査チームからボットへの送信およびボットの使用は複数回、複数日にわたる可能性があります。
アプリを申請したら、「ダッシュボード」左側メニュー「アプリレビュー」で承認のステータスを確認することが出来ますので、必要に応じて確認して下さい。

 

 

7.ビジネス情報と認証ドキュメントを提出して下さい
ボットの返信時間、機能、ポリシー準拠状況の審査が完了すると、アプリコンソールの[アラート]タブでビジネスの認証を完了するよう求めるメッセージが送信されます。

ビジネスの認証を開始するには、メッセージの[ビジネスの認証を開始する]ボタンをクリックします。
アプリを所有するビジネスに対し、以下の内容を提供するよう求められます。

1.ビジネス名、住所、電話番号を含むビジネスの情報。

2.ビジネスが存在することを示す、以下の文書いずれか1つのコピー。

  • 営業免許(推奨)
  • 会社設立契約書
  • 会社定款
  • ビジネス宛の公共料金の領収書

さらに、書類には会社の正式なビジネス名に加えて次のいずれかが記載されている必要があります。

  • 住所
  • 納税者識別番号
  • 電話番号

ビジネス認証は、1つのビジネスマネージャアカウントにつき1回のみ受ける必要があります。ビジネス認証が1回完了している場合、同じビジネスマネージャアカウントで所有している申請済みの追加アプリについてビジネス認証を完了するよう求められることはありません。

3.ビジネスを代表する署名者の指名、役職、メールアドレス。

2018-7-25_18-02-34_No-00

 

 

8.補足規約に同意し、技術提供者同意書に署名して下さい
ビジネス情報と認証文書が送信された後、Facebookリーガルチームから、以下のリンクを含むメールが送信されますので、確認して下さい。

  • 補足規約: これらは、Messengerプラットフォームを含むFacebook拡張プラットフォーム製品の使用にあたり、アプリ開発者が同意する必要のある追加の規約です。
  • 技術提供者同意書: ビジネスの代表署名者の署名が必要な追加の契約書です。これはアプリのビジネスの目的が[他のビジネスへのサービス提供]に設定されている場合にのみ必要となります。

あなたはビジネス認証の一環として、補足規約を読み同意する必要があります。
また該当する場合は技術提供者同意書を読んで署名する必要があります。

2018-7-25_18-10-34_No-00

 

 

9. 承認アラートを確認して下さい
アプリの審査とビジネス認証が終了すると、承認は完了です。
ボットが承認されると、Facebookからお知らせが届きます。また、[Messenger用アプリ審査]のpages_messagingアクセス許可の隣に、緑のチェックマークが表示されます。

※ボットが認証されない場合は、[pages_messaging]の横にある[申請に追加]ボタンをクリックして、レビューチームからのフィードバックを確認します。
質問がある場合は、却下通知の下にある[質問を送信]ボタンを使用して、ボットを更新する方法についてレビューチームに直接問い合わせることができます。

 

 

10(任意). カスタマーマッチング手数料$99を支払います(1回限り、任意)
カスタマーマッチング機能を使用するには、手数料を支払う必要があります。支払いは、アプリダッシュボードの「Messenger」セクションの「カスタマーマッチングの承認」で行えます。この手数料は返金されませんので、くれぐれもご注意下さい。

カスタマーマッチング機能について
https://developers.facebook.com/docs/messenger-platform/guides/customer-matching